ハートふるメッセージ

荒川区西日暮里の神経科・心療内科・精神療法・カウンセリング・薬物療法の倉岡クリニックがお送りする、心に響くメッセージブログです
<< 149.こころが変われば | main | 151.メリー・クリスマス >>
150.心の病気の治し方・
 

以前「心の病気の治し方」というタイトルでお話したと思いますが、今回はより実際的な治療における考え方についてお話します。

こころの病気にはいろいろとありますが、ここでは比較的多い疾患として、不安障害とうつ病を想定して話をします。

 

こころの病気は身体の病気と違ってお薬だけで治るものではありません。でも薬物療法は極めて効果的で大切な治療法の一つですから、自分に合った薬を選ぶことはとても大切なことです。

 

お薬の効果は飲んだ人にしか分かりませんから、薬が効いたか効かなかったかは患者さんに聞いてみるしかないのです。そして薬のもたらす効果と副作用の様子から、その薬を継続すべきか、変えるべきかを判断します。

 

効果はあるけれど副作用がきついという場合には、効果の方を重視するならば、副作用はある程度我慢してもらうしかないのです。

しかし副作用が我慢できないということであれば、薬を変えてより副作用の少ない薬を検討します。どちらを選ぶかは患者さんと相談して決めていきます。

 

ただし、抗不安薬は飲んですぐ効果が現れますが、抗うつ剤は効果が現れるまで3週間ほどかかる場合があります。そして効果が表れてもそれで治ったわけではないのです。

多くの場合、効果があったと思える時と、いつもと同じように飲んでいても全く効果がみられない場合があります。何故そういうことが起こるのでしょうか。

 

それは抗不安薬や抗うつ剤は、病気の原因を直接治す力はないからなのです。原因に直接作用してその原因を取り除ける薬であれば、薬が効いて症状がなくなったときにはすでに原因が除去されているわけですから、二度と症状は出ないはずです。

 

治療法には原因療法と対症療法があります。原因療法は病気の原因を取り除く治療法で、たとえば、細菌による感染症には細菌を殺してしまう抗生物質を服用すれば、細菌が死んでしまうので、原因がなくなってしまい病気が治ってしまいます。

 

しかし、高血圧症や高脂血症、糖尿病などの慢性疾患は、原因を取り除く治療法が確立していないため、症状を改善してコントロールするしか方法がありません。これらの症状に対して治療する治療法を対症療法といいます。

そしてこころに作用する薬はすべて、こころの病気の原因に直接作用することはなく、症状に対して効果をもたらす、いわゆる対症療法といわれる治療法のお薬なのです。

 

薬で治療していても原因が取り除けないなら、一生薬を飲み続けなければならないのかという疑問が湧いてくると思いますが、そういうことはありません。

 

薬物療法を継続していると症状が軽くなって気持ちが楽になりますので、その状態を続けていると、それがこころの習慣になってしまい、そのいい状態が長く続けば薬を少しずつ減らしていくことができるようになり、ある程度の期間安定した状態が続けば、最終的には薬を止めるところまでもっていくことができるのです。

 

治り方も特徴があり、毎日毎日、薄紙をはがすように、少しずつ確実に良くなっていくような治り方と違って、良くなったり悪くなったりを繰り返すのですが、じっと耐えて飲み続けていると、だんだんと良い時が増えて、悪い時が減ってくるといった治り方をします。

 

こころの病気の原因はとても複雑です。内因性といってまだ原因がよく分からないもの、外因性といって原因が自分の外側にあるもの、心因性といって原因が自分のこころに内在しているものなどに分けられますが、多くの場合その3つの要因はすべて関係していて、どれが原因と決めつけることはできません。

 

原因をつかむことで病気の治療が早く進むと考えることは正しいのですが、原因が見つかったとしてもそれを取り除くことはなかなか難しい場合が多いようです。

原因が何であれこころが病んでいる状態を早く改善することが大切です。それには薬物療法が一番効果的です。原因はつかめなくても症状は改善します。

 

治療を続けていくと薬物療法が効果をもたらし、症状が改善してこころにゆとりが出てきます。そして何故自分はこのような病気になったんだろうかという疑問が生じてきます。

ここで過去の自分を反省したり分析したりしていると再び不安が襲ってきたり、気持ちが落ち込んだりして症状が再燃してきます。

 

過去はもう戻ってきませんし、過去に戻ってやり直すことはできないので、反省するのではなく、これから再びこのようなこころの病気にならないためにはどうしたらいいかを検討します。

 

自分が抱えている問題点をひとつひとつ明確にして、どうしたらうまくいくようになるのか、ひとつひとつ検討していかなければなりません。

これは治療というより、新しい生き方や考え方を学習するということになります。時間はかかりますが必ず成長があり、新しい自分になっていくことができるのです。

ハートふるメッセージ | 17:52 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS